結果で評価される企業に転職、識学キャリア
こんな悩みはありませんか?

識学受講企業の中から厳選求人をご紹介

識学とは...

識学とは、独自の理論をもとに組織運営の原理原則をお伝えするメソッドです。
これらが導入されると、感覚・感情で組織を動かすのではなく、結果・ルールといった客観的事実に基づく組織運営が可能となります。識学が導入された職場は、規律・平等感のある職場となり、働く人にとっても目の前の事に集中できる環境となります。

導入企業様1,000社超
数多くの経営者様・マネージャー役職者様が識学を導入し、成果をあげています

一般的な企業

「頑張りを評価する」

「頑張りを評価する」

残業している、質問に来る、おもしろいアイデアを考える、など経過を評価していませんか? 経過は人によって捉え方が異なる主観的要素が強いため、それらを評価すると、不平等感が生じてしまいます。

「部下のモチベーションを気にする」

「部下のモチベーションを気にする」

部下のモチベーションを上げてあげるためには、個人の価値観(ルール)を尊重する行為が必要となります。他方で必ず尊重できないルールも発生します。この瞬間、「なんであいつは許されたのに…」といった不満の原因が発生することになります。

ダメな例

識学的企業

「結果を評価する」

「結果を評価する」

結果には評価者の主観が入らないため、公正な評価をすることができます。あらかじめ決めておいた、「ものさし」に対して、どこまでできたか、できなかったかを明確にして、〇とXを明確にし、それを評価します。感情・感覚的にXを責めることはなく、Xを〇に変える事に集中させます。なぜなら、Xを〇に変えることが成長だからです。

「部下のモチベーションを気にしない」

「部下のモチベーションを気にしない」

識学では部下のモチベーションを気にしません。モチベーションは感覚・感情的なものであり本来、他人が管理・コントロールできないものだからです。正しいモチベーションとは自己発生するものであり、そのような組織を識学を通して実現することが可能です。

識学的企業

識学キャリアでは、
識学受講企業の中から厳選企業をご紹介

識学は、”成果”や”自己成長”へコミットしたい方にとって、最高の組織であることをお約束します! 他方で、結果や成長にコミットできない方には向いていないことも事実です。
ただ、ご留意いただきたいのは今後、AIやロボット、外国人労働者等をはじめとした少子化に対応した施策の台頭により、価値ある人材とそうでない人材が切り分けられるタイミングがきます。過去にどうであったかは問わず、未来の個人の成長にコミットするということがより露骨に必要となる労働環境になっていくのではないでしょうか。
それに見合った環境(職場)をご提案するのが識学キャリアです。

識学キャリアの強み

-独自の分析を行い
あなたにあった企業をご紹介

-独自の分析を行いあなたにあった企業をご紹介

識学独自の分析ツールを用いてあなたの現在の思考を可視化。

1

-今なら
識学無料受講プレゼント

-今なら識学無料受講プレゼント

正しいマネジメント方法や識学受講企業の組織について理解。

2

-LINEで気軽に相談可能

-LINEで気軽に相談可能

転職の悩みなど気軽にLINEで相談できる。

3
LINE BTN